イメージ1

友達にキャッシングするなら?

給料日前や現金の出費がかさんだ場合など、ちょっとしたときにお金が足りないことはよくあります。
そんなときに、友達にキャッシング方法などもありますが、慎重に行動しないと信頼を失いかねません。 友達からお金を借りる場合には、下記の点を注意しましょう。

お金を借りる相談は相応の覚悟を持って行う

気軽に思われがちな友達からのキャッシングですが、「缶ジュースを買うのに小銭がないからちょっと数百円貸して!」というのとは違って、あらためてお金を借りる相談をするということは、借金の申し込みと言えます。 金額の大小も重要ですが、それ以上に“友達にお金を借りたいと相談する”という行為自体が、大きなリスクを伴うのです。 大抵の場合は、友達にキャッシングしたいと申し出た段階で、「金銭トラブルは人間関係を壊す原因となる」ということを知っているうえで相談してきたのかと、不信感を植え付けてしまう危険性があると言えます。 その友達が親友などで、お互いにそれを凌駕するほどの信頼感があれば良いのですが、場合によっては友情にひびが入る可能性もある点を頭に入れたうえで友達にキャッシング方法を検討し、相談を持ちかけましょう。

返済計画を立てて計画的に返済する

借りたお金をまとめてすべて返せれば良いのですが、それが難しい場合は、少しずつでも定期的に計画的に返し続けることが重要です。
また、万が一にも返済が遅れてしまうようなことがある場合には、返済日に遅れて、友達に問い詰められてから弁明するのではなく、返済日が来る前にあらかじめ相談しましょう。 ただでさえお金を借りている状態なので、返済に関して後手後手にまわってしまうと、信頼を失ってしまいます。

友達からお金を借りるクセをつけない

友達からお金を借りるのは一度だけ!といった覚悟を持ってキャッシングすることです。
お金に困ったら友達から何度でも借りれるというクセをつけてしまうと、自分のためにもなりません。 お金の貸し借りはデリケートな問題なので、「一度だけなら」と思って貸してくれた友達も、何度も借金を繰り返すことで信頼関係が崩れてしまいます。 友達にキャッシング方法は微妙な問題ともなりますので、思いつきで友達にキャッシングをお願いするのではなく、よくよく考えたうえで検討しましょう。


かえって気楽なカードローン

「人間関係を壊したくない」「返済計画を臨機応変に変えたい」という方は、カードローンを利用する方法も有効です。
銀行や大手消費者金融でキャッシングする方法には多くのメリットがあります。

カードローンのメリット

・インターネット申込みで来店不要でお金借りれる
・提携コンビニATMで24時間お金を引き出せる
・都合によって臨機応変に返済計画を変えられる
(厳しい月は返済なし、余裕があったら追加返済が可能)
・使い道が自由で限定されない
・少額キャッシングから高額キャッシングまで借入範囲が広い
・他人に迷惑をかけない
・担保および保証人不要

カードローンの金利を安くする方法

カードローンは、カードを所有していたら、現金が必要なときコンビニATMの前に立って暗証番号と必要な金額を入力するだけで問題解決です。 ネットからでも借入れでき金融機関のサイトを開いて、暗証番号と金額を入力するだけで登録している口座にお金が振り込まれます。 自宅にいながらにしてお金を借りることが出来とても便利なのです。

しかし、お金を借りたら返済しなくてはなりません。 最近では定額式のリボ払いが主流ですが、支払額が決まっていますが、何回返済しても残高が減らないと思ったことはありませんか。 ローン金利が高いと、利息の支払い割合が多くなり、元金返済分が少なくなるのです。

それでは金利を安くするためにはどうしたら良いのでしょうか。 金融機関は貸したお金が戻ってくるかどうかを審査するといっても過言ではありません。 危険度に応じて利率が違うのです。 審査決定後に、利率と融資枠が決定されますが、申込書と一緒に属性を記入しますが、勤続年数や勤務先などが十分信用が置ければ、金利は安くなります。

しかし、その時利率が高くても諦めないでください。
クレジットカードと同じで、経歴を積めばいいのです。
クレジットカードでは買い物して、支払をする、それを繰り返していると信用度が増して、クレジットの枠が拡大され、カードブランドも上がります。
カードローンも同じで借りて約定どおり返済して、また借りて返済する。
問題なくこれを繰り返していると、利率は下がり、融資枠は拡大されるでしょう。
借り入れ利率を安くする方法は、要するに信用を築くことなのです。