イメージ1

知っておきたい!お金の貸し借りと法定利率

お金の貸し借りというのは昔から頻繁に行われてきました。 しかし、きちんとした法整備がされておらずお金の貸し借りで大きなトラブルになることもあります。 そのため、お金の貸し借りは法律でいくつもの制約がつけられています。 その制約で重要となってくるのが法定利率です。 というのもお金を貸すほうはその利子を目当てに貸し出すからです。 当然、貸す側は利率が高ければ高いほど利益を得ることができますが、借りる側は返済に大きな負担を強いてしまいます。 その負担が社会的に問題になることが多いのです。 高利で借りなければよいと考える人はいますが、お金に困ってて貸す側が一人(一社)だけでは足元を見られてしまうのです。 そのため、法整備では法定利率を厳しく制限をしています。 貸金業者がお金を貸すことをイメージする人が多いですが、一言でお金の貸し借りといってもいろんなケースがあります。 たとえば、商行為としてお金を一時立て替えてもらうことは少なくありません。 一般的に言われるところの「ツケ」です。 これもお金の貸し借りの一つとされており、当然利子が発生してもいいのです。 貸金業者によるものと商行為によるものでは、法律で定められている利率は違うのです。 このように細かく設定されています。 ただし、あくまで法定利率を越したら違法となるのであって、下回っているのなら利率はいくらでもいいのです。 もちろん、双方の了承があれば利率がゼロでも問題ではありません。